4月 252012
 

天皇賞(春)の有力処ろはこんな感じか。
とは言っても、オルフェーヴルの1人気は揺るがないだろう。
単勝オッズがどこまで低くなるか見ものだ。
ちなみにディープインパクトが出た時は1.1倍だった。
1.3倍くらいなら十分美味しいかもしれない。

—————-
ウインバリアシオン 牡4 58.0 武豊
オルフェーヴル   牡4 58.0 池添
ギュスターヴクライ 牡4 58.0 福永
ジャガーメイル   牡8 58.0 四位
トーセンジョーダン 牡6 58.0 岩田
ナムラクレセント  牡7 58.0 和田
ヒルノダムール   牡5 58.0 藤田
マイネルキッツ   牡9 58.0 松岡
ローズキングダム  牡5 58.0 後藤
—————-

■ウインバリアシオン
前走:(G2)日経賞:2着
間隔:中4週

実績で言えば4歳世代ではNo2だが、
過去オルフェーヴルに敗れた差をどう見るか。
今回はこの間に割って入る馬がいるか探す感じかな…。

ダービー  2着:1.3/4馬身
神戸新聞杯 2着:2.1/2馬身
菊花賞   2着:2.1/2馬身

■オルフェーヴル
前走:(G2)阪神大賞典:2着
間隔:中5週

負ける事は考えるだけ無駄だろうが…
絶対にとは言えないので…。

阪神大賞典は、1000mの通過タイムは1:04.9とスローペースに。
タイムも3:11.8で稍重にしても遅くストレスの溜まったレースだったのだろう。

だが、今回は調教再審査もしているし、またスローになったとしても2戦連続で逸走は考えにくいだろうと。。。

■ギュスターヴクライ
前走:(G2)阪神大賞典:1着
間隔:中5週

阪神大賞典、ダイヤモンドS共にスローのレースを好走している。
今回もスローの可能性は高いので出番になるか。

■ジャガーメイル
前走:(G2)阪神大賞典:5着
間隔:中5週

年齢は気になるが、出走レース数はそれ程多く無い。
5着以内も多く軽視出来ない存在。
平均ペースで流れれば十分馬券圏内も。
オッズ次第では抑えておきたい。

■トーセンジョーダン
前走:(G2)産経大阪杯:3着
間隔:中3週

スローペースになると少々不安が…。
3000m以上のレースは未経験で距離にも不安が。
京都コースも久しぶりでここも不安材料。
馬券圏内も十分に考えられるが、オッズ次第という感じか。

■ナムラクレセント
前走:(G2)阪神大賞典:3着
間隔:中5週

成績にバラつきはあるが、3000m以上のレースでは掲示板を確保している。
こちらもオッズ次第では抑えておきたい。

■ヒルノダムール
前走:(G2)阪神大賞典:4着
間隔:中5週

昨年の勝ち馬。
今年に入ってからの2戦は3,4着とまずまずと言った感じ。
余りステイヤーと言う印象が無いので、昨年同様にスローになれば。

■マイネルキッツ
前走:(G2)日経賞:9着
間隔:中4週

これまで3回の春天に出走し成績は以下。
2009年:1着
2010年:2着
2011年:6着
去年はスローで展開に恵まれず6着と言った感じで、
ペースが速くなりスタミナ勝負になれば出番もありそう。

■ローズキングダム
前走:(G2)産経大阪杯:4着
間隔:中3週

昨秋は京都大賞典を好走したものの、その後は体重が減っており調子はイマイチだったと思う。
4ヶ月休み明けの前走は+14kgで4着は好感が持てる。
昨年は11着に敗れているが、ひと叩きして調子を上げていれば今年はチャンスがあると思う。
そこそこ人気も下がっていると思うので馬券に絡んだら美味しいかも。

 Posted by at 5:27 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>