4月 302012
 

いや~春天は当たると思ったのですが….。
これはもう事故ですね……orz…….事故か….。

と言うことで反省を….orz…..。

——————————
【第19回 第145回 天皇賞(春)(G1)】
2012年 4月29日(日) 3回京都4日
サラ系4歳以上 オープン 京都 3200m 芝・右 外
天候:晴 / 芝:良 / タイム:3:13.8
——————————

1着-( 1)ビートブラック
2着○(16)トーセンジョーダン
3着▲(11)ウインバリアシオン
4着△( 5)ジャガーメイル
5着△( 8)ギュスターヴクライ

9着△( 3)ナムラクレセント
11着◎(18)オルフェーヴル
11着△(15)ヒルノダムール
15着×(14)ローズキングダム

結果は上記の通り。
毎年、毎回思うのだが、今年のG1は難しくないか…?

レース展開としては、
ゴールデンハインドがハナを行き、それに続いてビートブラック、ナムラクレセントが。
離れてやや縦長に続き、中団4頭目の前目にトーセンジョーダン。その内にギュスターヴクライ。
中団やや後方にウインバリアシオン、ジャガーメイル、ヒルノダムール。
オルフェーヴルは後ろから3頭目。最後方にローズキングダム。

布陣としては、
ビートブラック、ナムラクレセントは自分たちの競馬を、
トーセンジョーダン、ギュスターヴクライは前と後ろを見ながら、
オルフェーヴルは折り合いを気にしながら後方で自分との戦い、
それをマークするウインバリアシオン、ジャガーメイル、ヒルノダムール、ローズキングダムと言った感じかな。

1000mの通過タイムが1分ちょうど。平均かやや早めと言った感じだろう。
だが、オルフェーヴルを意識してか離れた中団は比較的スローだった気がする。
2000mが2:01.9、3000mが3:01.3と結局前半の流れでそのまま進んだのだろう。

ゴールデンハインド、ビートブラック、ナムラクレセントがグイグイ逃げるのを、
オルフェーヴルは能力を信じてなのか過信なのか馬の折り合いのみに専念。
最後は折り合いに専念しすぎて走る気も無くしたのでは?
そのオルフェーヴルをマークして一緒に沈んだ後方組みと、
後ろがいつペースを上げるかと待っていた先行組み。

そんな各馬を尻目にまんまと逃げ切ったビートブラックが4馬身差をつけ優勝。
だが一緒に逃げた2頭は沈んでいるから元々地力はあったのだろう。

■1着 ビートブラック

まず始めに謝罪を。
ビートブラックですが、これまでずっとビートフラッグ(黒でなく旗)だと思っていました。
すいません。(ブログでは名前はコピペだったので間違っていないと思います…。)

と言うほどノーマークでした。
と言うか、3200mを3:13.8で走りきる能力をこれまで何処に隠していたのか….。
これまでの成績を見る限り微塵も感じられない。しかも父ミスキャストって….マイラーですか??

レース直後はイングランディーレかと思ったが、タイムを比較すると全然違う。
ディープインパクトのレコードに0.4秒差。
すぐ前にいたゴールデンハインドは7着、離れて3番手のナムラクレセントは9着。
ハイペースを逃げ切っての勝利と言うことは強いって事だろう。
宝塚出るのかな…出るなら惨敗は避けて欲しい。

■2着 トーセンジョーダン

4馬身と差は開いたが流石という2着かな。
長距離もこなし、能力はオルフェーヴルに並ぶものがあると思う。
もう少し早く捕まえに言っていればとは思うが、
落鉄とオルフェーヴルを考えると難しかったのかな…残念。

■3着 ウインバリアシオン

オルフェーヴルの前で競馬したのは良かったと思う。
マークしていた馬が不発でも外を回して3着に来たのだからやっぱり能力は高いのだろう。
今後も要注意かな。

■4着 ジャガーメイル

ウインバリアシオンと同じ位置で進め、
最後の直線は内に入れクビ差の4着は8歳と言って侮れない馬だ。
今年もう一花咲かせても不思議はない。

■5着 ギュスターヴクライ

波乱含みの初G1ではまずまずの結果では。
最後トーセンジョーダンと差が開いたのは頂けないが、今後の中距離路線の重賞でどの様な結果が残せるか注目したい。

■11着 オルフェーヴル

道中、動けなかったのか動かなかったのか計りかねる所はあるが、
一言で言えば自滅と言った感じだろう。

父ステイゴールドは7歳一杯走って50戦で
兄ドリームジャーニーは怪我の影響もありながら7歳夏までで31戦。

休明け2戦目と言うのはこの馬にとって本調子じゃ無いのでは?
3歳で4冠をとって大事にされているが、使いながら調子を上げていくタイプじゃ…。
宝塚に出るなら勝利を信じたい。

今回は事故みたいなもと考え凱旋門は諦めないで欲しい。
その為にも宝塚に出て結果を残して欲しい!
また夢を見せてくれ!

■11着 ヒルノダムール

う~ん…まぁ仕方ない結果と言った感じかな。
まだまだ中距離路線では期待したい。

■15着 ローズキングダム

着順よりも何でオルフェーヴルの後ろで競馬をしたのだろうか?
末脚ならオルフェーヴルにも負けないと言う事か…?
もうG1では難しいのかな…。G2,G3で期待しようかな。

 Posted by at 2:54 PM
4月 242012
 

なんだかんだと遅くなって今頃反省を。
それほど余裕もないので週末の反省をまとめて書く。

まずは福島から。
——————————
【福島牝馬ステークス(G3)】
2012年4月21日 1回福島5日目
福島 芝右1800m サラ系4歳以上オープン
天候:晴 / 芝:良 / タイム:1:46.1
——————————

1着-( 3)オールザットジャズ
2着▲( 2)コスモネモシン
3着-(10)アカンサス
4着△(15)アスカトップレディ
5着○(14)マイネイサベル

8着◎( 7)アニメイトバイオ
11着☆( 6)カルマート

着順は上記の通り。
ペースも全然予想と外れ1000mが58.2秒と道中縦長のハイペースに。
タイムは1:46.1とレコード決着のおまけ付き….。
逃げ馬がいないと予想した時点で外れかな…って予想できるか…?

先頭に立ったトゥニーポートを追いかけクリアンサスが直ぐ後ろで追走。
きっと、トゥニーポートはみんなスローになると思ってるのだろうと、裏をかいてハイペースで逃げたんだろうな…。
それを知ってか知らずか、クリアンサスが追いかけ更にペースが上がったと。

勝ったオールザットジャズは道中中団に付け四コーナーでは早め先頭に立ったマイネイサベルの横につけ直線は他馬に邪魔される事なくスパートを掛け危なげ無く勝利。
外から追い上げたコスモネモシン、アカンサス、アスカトップレディは追い込み届かず2,3,4着。
マイネイサベルが5着に残る。

そして、本命アニメイトバイオは内でそこそこの追い上げは見せたが8着と…。
まぁ、タイムは1:46.8なので頑張ったと思う。他が早かったのか…。

今回の反省点は、人気を嫌って切った1、2人気が馬券に絡み惨敗。
よくわからない時は素直な買い目で控えめに行こう。迷った時ほどベタに!

オールザットジャズはVMでも人気になると思うが、
今年の古馬牝馬はイマイチぱっとしない…アパパネ次第か…。

続いて、日曜日東京のフローラステークスへ。

——————————
【サンケイスポーツ賞フローラステークス(G3)】
2012年 4月22日(日) 2回東京2日
東京 芝左2000m サラ系3歳オープン
天候:小雨 / 芝:良 / タイム:2:02.0
——————————

1着▲( 6)ミッドサマーフェア
2着△(10)アイスフォーリス
3着-( 5)ダイワデッセー
4着-( 1)ターフデライト
5着○(18)セコンドピアット

9着☆(15)アンアヴェンジド
10着×( 2)フラゴリーネ
15着◎( 7)ヘレナモルフォ
16着△(13)レッドマーキュリー

着順は上記の通り惨敗です。
こちらも福島牝馬Sと同じく1,2番人気が絡み終了。
ペースは逆に1000mが62.1秒とスローで、こちらも読み違い。
まぁ~、馬場コンディションから外しているのでしかたないか…。

で、ミッドサマーフェアは強かった。
道中は中団前目につけ直線入口ではやや外目で他馬に邪魔される事なくスパート。
上がりは33.4と最速タイで二着に2馬身1/2差をつけ圧勝。オークスも頑張ってください!

本命のヘレナモルフォはスローで逃げたのに15着。。。
距離が長かったのか、やっぱり馬場か….雨降ってくれよ….。
という訳で次回は重馬場のレースの際に期待。それともダート…。

反省点は、こちらも福島と同じく、
迷った時ほどベタに!

続いて、京都のマイラーズカップへ。
——————————
【マイラーズカップ(G2)】
2012年4月22日 3回京都2日目
京都 芝右 外1600m サラ系4歳以上オープン
天候:曇 / 芝:稍重 / タイム:1:33.2
——————————

1着△(17)シルポート
2着△( 3)ダノンシャーク
3着◎( 6)コスモセンサー
4着-(13)ヤマカツハクリュウ
5着△( 7)レッドデイヴィス

11着○(15)ダノンヨーヨー
13着△(18)グランプリボス
14着△(16)エイシンアポロン
17着△(14)リアルインパクト

着順は上記の通り。
馬券の外れは素直に認めるが、ちょっと悔しいハズレ方。

ダノンはダノンでもシャークかよ…。
まず、GI馬の結果には期待ハズレ。どれか掲示板に載ってくれ。安田記念が不安になる…。

今回の反省は外枠の実績上位の差し馬に気を取られた点かな。
休み明けのダノンで無く、使っていたダノンを選んでいれば….。

シルポートの逃げ切りはお見事だが、これで安田記念はマークがキツくなるのでは。
稍重と行っても馬場コンディションを考えると悪くない。
ペース的には競りかける馬もなく平均ペースに近い感じで気持ち良く逃げれたかな。
(気持ち的にはリーチかトウショウフリークがもうちょい競りかけて欲しかった)

だから何だよという感じだが、
折角なので前日の同距離ラップタイムとの比較してみた。
小牧騎手が上手く乗ったのか、コスモセンサーが少し抑えペースを作ったのか….
他馬としては動きづらい展開だったかもしれないな。

■オーストラリアT(良)
12.2 – 10.6 – 11.4 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 11.8 – 12.1
12.2 – 22.8 – 34.2 – 45.9 – 57.6 – 69.0 – 80.8 – 92.9 (34.2-35.3)

■マイラーズC(稍重)
12.1 – 10.8 – 11.4 – 11.9 – 11.3 – 11.2 – 11.8 – 12.7
12.1 – 22.9 – 34.3 – 46.2 – 57.5 – 68.7 – 80.5 – 93.2 (34.3-35.7)

本命のコスモセンサーは…こんな感じか…。
もうちょっと、シルポートに詰め寄って欲しかったが、
次走は何になるかな?メンバー次第ではまた狙いたい。

ダノンシャークは内から良く伸びて安田記念でも期待大。
レッドデイヴィスも前走を考えると良い感じで調子が上がってきているのか
上がり最速で34.6秒と安田記念でも期待したい。

トーセンレーヴ…重賞で狙うのは難しいのかな。OP番長という事で。

ダノンヨーヨー、それなりに追い上げた感じはするが休み明けでこんなもんか…。

グランプリボス、-10kgは頂けないな。安田記念はどうするだろうか。

エイシンアポロン、+10kgって…。本調子では無かったのだろうな。
安田記念に上手く照準を合せてくれれば。

リアルインパクト、やっぱ輸送かな。東のレースで期待。

今週はあてるゾ~!

 Posted by at 1:37 PM
4月 162012
 

記念すべき初投稿として、桜花賞と皐月賞の反省から。

————————–
まず、桜花賞の反省から。(覚えている範囲で..)

◎(17)ジョワドヴィーヴル
○(3)オメガハートランド
▲(10)ジェンティルドンナ
△(4)サンシャイン
△(14)トーセンベニザクラ
△(15)ヴィルシーナ
確かこんな感じだったはず..。

でもって買い方としては、
ジョワドヴィーヴルは複勝圏内を外さないだろうと予想。
なので、ジョワドヴィーヴルを軸に残り2頭をチョイスすればと三連複で。
で、(3)と(10)をもう一頭の軸として
17-3-10,4,14
17-10-4,14
当日の馬体重をみてオメガハートランドとトーセンベニザクラに不安を感じで何か持ってるだろうと大魔神ヴィルシーナを追加。
17-15-3,10,4,14

■結果は、
1着:ジェンティルドンナ
2着:ヴィルシーナ
3着:アイムユアーズ
4着:サウンドオブハート
5着:メイショウスザンナ

ジョワドヴィーヴルが飛んで玉砕。
レース後、ブエナの妹では無くトーセンレーヴの妹だったと自分に言い聞かせ数日後に骨折のニュース….無念。

————————–
続いて、皐月賞の反省。

まずは印から。
◎コスモオオゾラ
○ディープブリランテ
▲シルバーウエイブ
△ロジメジャー
△アダムスピーク
△ゴールドシップ
☆メイショウカドマツ

印の理由としては荒れると思ったから!
馬の能力的には、ワールドエース、グランデッツァ、ゴールドシップ、
の3頭は抜けているのかなと思ったが、重馬場なら付け入る隙があるはずと先週の負けを取り戻したかった。

で、扱いに悩んだ馬がディープブリランテ。
レースを何度か見返して、過去二戦とも一度抜け出しながら併せる事無く簡単にかわされすぎじゃ…。気性の問題か脚質か距離なのか…。
共同通信杯は久しぶりとして…スプリングSは何??
レースを見た感じ2戦とも他馬と比べ頭が高く振回しながら走っている印象を受けた。でもなぁ~…もう少し粘って欲しかった。(正直皐月賞を勝つ勢いは感じなかった)

では何故馬券に入れたかと。
前二走とも1番人気で目標にされ、今回は人気を落とし比較的走りやすいのでは?
それから重馬場での実績と、早くも今年G1二勝で皐月賞で結果を残している岩田騎手。
なんとか馬券圏内に持って来てくれるだろうと期待。

で、本命コスモオオゾラは重馬場・距離・中山コース実績を重視。
鞍上が障害ではあるが、前日G1を勝っている柴田騎手。
弥生賞を勝ったわり人気が無い。狙い所かと。
あと、メイショウカドマツを基準に、ワールドエースと比較して能力的に劣らないのではと期待。

それから、シルバーウエイブは一応連勝中で二戦とも不良馬場。
鞍上が前日中山芝を2勝2着1回、当日も芝で1勝している北村宏騎手と波に乗ってる騎手に期待した。

それから、意外と人気が無いロジメジャー。

コスモオオゾラとのワイドでも万券だったので入れてみた。

で、グランデッツァは1番人気になるだろうと予測。
タキオン産駒で重馬場はどうかと、スプリングSの実績はスルー。
ワールドエースは重賞で人気馬の福永騎手の結果(主に桜花賞と日経賞)に不安を感じた。
当日、同距離の鹿野山特別での福永騎手のレースっぶり(後方外を回って差しきり勝ち)を見ておきながら…。
と、人気2頭はいちゃもん的な理由で切り捨て。

ゴールドシップはローテーション的に評価を下げる。

馬券は
コスモオオゾラを軸に、ディープブリランテとシルバーウエイブから三連複でながし、ロジメジャーからワイドを数点購入。

■結果は、
1着:ゴールドシップ
2着:ワールドエース
3着:ディープブリランテ
4着:コスモオオゾラ
5着:グランデッツァ

ワールドエースが2着に入り玉砕。
かと思いきや、土曜日に購入したなんとなく馬券
4-6-9-14の三連複ボックスが救ってくれた。
大負けはしなかったが、収支はマイナス…。

レースを見た感想としては、
スタートで若干ワールドエースが遅れた気がしたが、元々後ろに控える予定だろうとそれ程気にする事も無いかと、直後に前の馬(マイネルロブスト)に引っ掛かり躓く。

その後ゼロスが内へ切れ込みメイショウカドマツと先頭争い。
その後ゼロスが逃げてハイペースに。
(予想としては2分02秒台での決着でコスモオオゾラにも出番がと思っていた。)

ほとんどの馬は大方の予想通り4コーナー外を回る…当たり前だよな..。
(もしかすると岩田騎手は内を通る可能性は無きにも有らずかなと思っていた)
が、ゴールドシップ内田騎手はポッカリ空いた内へ。おっとそう来るか…どこまで伸るか?

(レース後調べた情報では、ゴールドシップは馬場を気にしないタイプとの事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000081-nksports-spo
レース後も内田騎手からスノーフェアリーと言う言葉が出ていたはず。)

ワールドエースは福永騎手は鹿野山特別をトレースしたかの様に外へ。
(心情的に、人気馬を荒れた内へ入れて負けたら…と考え、差し馬だし外へ出すよな~…ゴールドシップは少し人気が低かったから内へ入れたのかなと勝手に想像)

いやぁ~、ゴールドシップ伸びるな~と関心しつつ、外から、ワールドエースも伸びた。
上記2頭の間で、ディープブリランテ粘るかな~とコスモオオゾラと3番手争い。(密かにメイショウカドマツの粘りに期待しつつ)

結果としては2馬身差が開いたが、ゴールドシップとワールドエースでの能力差は感じなかった。良馬場ではどうだろうか?と、ダービーの天候を祈る。

ディープブリランテは直線でコスモオオゾラと競っていた感じを見る限り、けして粘りの弱いタイプでは無いのだろうなと。
前走、前々走はゴールドシップとグランデッツァの末脚が凄かった結果と勝手に定義。ワールドエースも同様。

気づいたらグランデッツァが何気に掲示板に載っていた。
Mデムーロ騎手の談話として「ずっと滑るような走りをしていた」とのこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000086-nksports-horse
それで5着なら能力の高さを感じつつ、直線ほぼ同じコースで入ったワールドエースは重馬場適正もある(荒れた内側は?だが)という事かな。

最後に総括として、
桜花賞・皐月賞共に、1番人気が飛んで2,3,4番人気で収まった。
これが今年の3歳傾向なのか?
拮抗した能力で、1番人気はマイナスに働くのかな?
オークス・ダービーは如何なものか?

 Posted by at 3:17 PM