WP

5月 272012
 

う~ん、日曜は朝から外出なのでそろそろ結論をという事で、
煮えきっていないながらに予想を!
(こういう時って外れやすいんだよな…)

——————————
【東京優駿】
2012年 5月27日(日) 2回東京12日
東京 芝・左 2400m サラ系3歳オープン
——————————

何だかんだで当初軸候補に上げていたワールドエース。
過去の傾向と素質を考えれば申し分無いのだが、
2年連続で池江厩舎がダービーを制覇できるのか…
過去にダービーを連覇した調教師はいるのかと、自分で調べた限り見当たらなかった。
あえてその快挙に賭けるのも一興ではある。

またもう一つ気になる点が。
ワールドエースとトーセンホマレボシの池江厩舎2頭出し。
なんとなく今年の春天とイメージが重なって感じてしまう。
揺ぎ無い1番人気で後方不発に終わったオルフェーヴル、中団前目で2着に入ったトーセンジョーダン。
血統的にオルフェーヴルを被せるならゴールドシップになるのだろうが、
レース運びとしては調教師の色が反映されやすのではと思っている。

で、今年の池江厩舎はイマイチぱっとしない。運を落としたのか、貯めているのか。
今年運を試されるのはワールドエースでは無く池江厩舎な気がしてならない。

という事で、1番人気は危険な気がしている事もあり、
今回は軸と言うか本命として◎ゴールドシップにする。

理由としては色々あるが一番の後押しは去年の皐月賞でオルフェーヴルが3馬身ちぎったこと。
ダービーは不良馬場で良馬場の今回と比較し難いが、幸い去年の皐月賞は良馬場の東京開催。
良馬場ならワールドエースに分があると思っていたが、良馬場でも引けを取らないと思えた。

で、対抗は何だかんだと切捨てきれない○ワールドエースを。
ただ、1,2番人気が両方馬券に絡まないと思っているので買い方は考える。
両方きたら素直に諦める…。

で、三番手評価はグランデッツァで。
トーセンホマレボシとヒストリカルで悩んだが
人気が落ちた素質馬と言う事と、昨年のダービージョッキー池添騎手。
個人的に前年のダービージョッキーは好走傾向にあると見ている。
ダービージョッキーの称号を得た事で力まずに騎乗できるのではないだろうか。

それから紐を以下に。
△ヒストリカル
カンパニーの弟に安藤騎手。切れ味が怖い。

△トーセンホマレボシ
なにげにウィリアムズ騎手が右手を上げてゴール板を通過する姿を想像してしまします。
ただローテーションがね…。

△スピルバーグ
4年連続連対の1番枠。ゲンを担いでみたくなる。

△フェノーメノ
本命と同じくステイゴールド産駒。
オークスでアイスフォーリスも3着に残ったし、
青葉賞を勝っているのであれば切り捨てられない。

△アルフレード
油断できない朝日杯馬。
武騎手のG1での好走が見たい!

それから、傾向分析をしていた際に気になった2頭を穴で。
3着ならありえる気がしている。
☆ベールドインパクト
☆トリップ

という事で印は以下。
◎ゴールドシップ
○ワールドエース
▲グランデッツァ
△ヒストリカル
△トーセンホマレボシ
△スピルバーグ
△フェノーメノ
△アルフレード
☆ベールドインパクト
☆トリップ

買い目は、
◎-▲-△の3連複を6点、
○-▲-△の3連複を6点、
◎○-☆のワイドを4点。

頼む!!

 Posted by at 5:13 AM
5月 262012
 

う~ん…金曜の時点で1番人気はワールドエースですか。
今年は1番人気がコケると予想している自分にとって嬉しいような嬉しくないような….。
それでも、夕方の段階ではワールドエース1.9で、ゴールドシップ3倍台だったので結構盛り返している様子。
日曜には人気が逆転していてもおかしくないかな。

で、その2頭とは関係無く扱いに悩むグランデッツァの人気を見ると結構美味しい。
能力なら上記2頭にも劣らないと思っているので後は距離がと言う所だが….。

何とかグランデッツァにとって好材料は無いかと過去10年を見返してみる。
—————————–
皐月賞1番人気馬のダービー着順
—————————–
●サダムパテック  (2.5):7着
○ヴィクトワールピサ(2.3):3着
●ロジユニヴァース (1.7):1着
●マイネルチャールズ(3.1):4着
●アドマイヤオーラ (2.7):3着
●アドマイヤムーン (2.2):7着
○ディープインパクト(1.3):1着
●コスモバルク   (2.4):8着
○ネオユニヴァース (3.6):1着
●タニノギムレット (2.6):1着

—————————–
皐月賞1番人気で負けた馬のダービー着順
—————————–
●サダムパテック  (2.5) 2着:7着
●ロジユニヴァース (1.7)14着:1着
●マイネルチャールズ(3.1) 3着:4着
●アドマイヤオーラ (2.7) 4着:3着
●アドマイヤムーン (2.2) 4着:7着
●コスモバルク   (2.4) 2着:8着
●タニノギムレット (2.6) 3着:1着
—————————–

皐月賞で1番人気馬のダービーでの成績は
通算で見た場合は、4-0-2-4
負けている場合で、2-0-1-4
馬券圏外の場合で、1-0-1-1
勝っている場合で、2-0-1-0

う~ん…買えない事は無いが、飛んでも不思議がない数字。
流石に1番人気で勝っている場合は複勝率が100%だった…。

と言う事なら、次は皐月賞勝馬のダービー成績と比較してみたい。
—————————–
皐月賞勝馬のダービー着順
—————————–
オルフェーヴル  : 1着
ヴィクトワールピサ: 3着
アンライバルド  :12着
キャプテントゥーレ:未出
ヴィクトリー   : 9着
メイショウサムソン: 1着
ディープインパクト: 1着
ダイワメジャー  : 6着
ネオユニヴァース : 1着
ノーリーズン   : 8着
—————————–

ほほ~…、通算で4-0-1-4ですか…。

今回の場合ゴールドシップが該当するので、
1番人気以外が勝った場合でみると、2-0-0-4と言う成績。

グランデッツァの場合とそれ程変わらない気がするのだが、
ここで気になったのが軸候補のワールドエース。
皐月賞2着馬でダービーを勝った馬がいない…
気になったので過去10年の皐月賞3着以内の成績を調べてみた。
—————————–
皐月賞3着以内のダービー着順(6-0-3-18 未出3)
—————————–
■2011
オルフェーヴル  :1着
サダムパテック  :7着
ダノンバラード  :未出

■2010
ヴィクトワールピサ:3着
ヒルノダムール  :9着
エイシンフラッシュ:1着

■2009
アンライバルド  :12着
トライアンフマーチ:14着
セイウンワンダー :13着

■2008
キャプテントゥーレ:未出
タケミカヅチ   :11着
マイネルチャールズ: 4着

■2007
ヴィクトリー   :9着
サンツェッペリン :4着
フサイチホウオー :7着

■2006
メイショウサムソン: 1着
ドリームパスポート: 3着
フサイチジャンク :11着

■2005
ディープインパクト: 1着
シックスセンス  : 3着
アドマイヤジャパン:10着

■2004
ダイワメジャー  :6着
コスモバルク   :8着
メイショウボーラー:未出

■2003
ネオユニヴァース : 1着
サクラプレジデント: 7着
エイシンチャンプ :10着

■2002
ノーリーズン   : 8着
タイガーカフェ  :10着
タニノギムレット : 1着
—————————–

おっと…皐月賞2着馬で馬券に絡んだのは2頭。
2006年ドリームパスポート、2005年シックスセンスの3着が2回のみ…。

だが、皐月賞3着まで含めると、
2006年エイシンフラッシュと、2002年タニノギムレットが1着に来ている。
これをワールドエースに当てはめるか微妙な所だ…。

ちょっと混乱してきた…。
一眠りして頭を整理してからまた考え直そう…。

 Posted by at 4:23 AM
5月 252012
 

ダービーに他の予定が重なり生(TV)で見れるか微妙な所ですが、オークスに続きダービーも当てたいところ。
オークスで取り戻した分でダービーは少し手広く勝負を!

——————————
【東京優駿】
2012年 5月27日(日) 2回東京12日
東京 芝・左 2400m サラ系3歳オープン
——————————

今回注目したいのは以下の9頭ではあるが…まずは軸馬探しを。
——————
( 1)スピルバーグ
( 2)ヒストリカル
( 6)ゴールドシップ
( 7)コスモオオゾラ
( 8)ワールドエース
(11)フェノーメノ
(14)トーセンホマレボシ
(17)グランデッツァ
(18)アルフレード
——————

という事で、まず過去6年でのダービー3着以内馬の重賞実績を振り返る。

■2011年/雨:不良
馬名 N
H
K






























JF




2


2
1 オルフェーヴル      1     1         3   2         10  
2 ウインバリアシオン    1         7       4     4          
3 ベルシャザール      11     2       4                  
■2010年/曇:良
馬名 N
H
K






























JF




2


2
1 エイシンフラッシュ      3                 1              
2 ローズキングダム      4     3                 1   1    
3 ヴィクトワールピサ      1       1             1          
■2009年/曇:不良
馬名 N
H
K






























JF




2


2
1 ロジユニヴァース      14       1             1         1
2 リーチザクラウン      13               1     2          
3 アントニオバローズ      9                   1            
■2008年/晴:良
馬名 N
H
K






























JF




2


2
1 ディープスカイ  1       1       3                    
2 スマイルジャック      9     1         2           3    
3 ブラックシェル 2   6       2       7                
■2007年/晴:良
馬名 N
H
K






























JF




2


2
1 ウオッカ       2       1               1      
2 アサクサキングス  11   7               1     5          
3 アドマイヤオーラ     4       1           1            
■2006年/曇:稍重
馬名 N
H
K






























JF




2


2
1 メイショウサムソン     1     1         2           2    
2 アドマイヤメイン   1     1           5                
3 ドリームパスポート     2     3         1                

NHK … NHKマイルC(G1)
青葉賞 … 青葉賞(G2)
皐月賞 … 皐月賞(G1)
桜花賞 … 桜花賞(G1)
毎日杯 … 毎日杯(G3)
スプリ … スプリングS(G2)
弥生賞 … 弥生賞(G2)
チュ賞 … チューリップ賞(G3)
アーリ … アーリントンC
共同通 … 共同通信杯(G3)
きさら … きさらぎ賞(G3)
京成杯 … 京成杯(G3)
シンザ … シンザン記念(G3)
ラジオ … ラジオNIKKEI杯(G3)
朝日杯… 朝日杯(G1)
阪神JF … 阪神JF(G1)
東スポ … 東スポ杯2歳S(G3)
京王2 … 京王杯2歳S(G2)
札幌2 … 札幌2歳S(G3)
————————————————–

結局強い馬は王道を通るのか皐月賞出走馬が着順に関係なく馬券圏内をほぼ占めている。
18頭中14頭は皐月賞出走馬という事で、軸は皐月賞出走組から選びたい。
————————-
( 5)ベールドインパクト
( 6)ゴールドシップ
( 7)コスモオオゾラ
( 8)ワールドエース
(10)ディープブリランテ
(12)トリップ
(16)モンストール
(17)グランデッツァ
————————-
この中で皐月賞後に使っている以下2頭について。
・ベールドインパクト(京都新聞杯2着)
・モンストール(NHKマイルC16着)

まず、皐月賞→NHKマイルC→ダービーのローテで掲示板に載った馬は過去6年で以下の2頭。
2008年(皐06着→N02着→ダ03着)ブラックシェル
2007年(皐07着→N11着→ダ02着)アサクサキングス
さらに遡ると2002年にタニノギムレットがこのローテで優勝しているが、それ以外は掲示番に載っていない。
ちなみにタニノギムレットは皐月賞、NHKマイル共に3着といずれも馬券に絡んでいる。

次に皐月賞後に京都新聞杯を経由した馬について、過去6年で掲示板に載ったのはゲシュタルト1頭のみ。
過去10年に広げてみると掲示板に載ったのは以下4頭。
2010年(皐07着→京01着→ダ04着)ゲシュタルト
2005年(皐05着→京03着→ダ04着)アドマイヤフジ
2004年(皐17着→京02着→ダ05着)スズカマンボ
2004年(皐14着→京01着→ダ02着)ハーツクライ

う~ん、結局力のある馬であれば勝ち負けまで持ってこれるが、
並みの馬であれば馬券圏内に入るのも難しいと言った所だろう。
該当する2頭の戦績を見ると
———
■ベールドインパクト(2-2-1-2)
重賞:きさらぎ賞 3着、皐月賞 7着、京都新聞杯 2着
———
■モンストール(2-0-0-4)
重賞:新潟2歳 1着、京王杯2歳 4着、スプリングS 6着、皐月賞 9着、NHKマイル 16着
———
という事でまずモンストールは消し。
ベールドインパクトは若干ハーツクライと被る所があり扱いに悩むが….次へ

で、次のポイントとして
過去6年で重賞勝利経験の無い馬で馬券に絡んだのは、
2011年ベルシャザール(3着)、2008年ブラックシェル(3着)の2頭のみ。
という事でトリップを消し、結局ベールドインパクトも消しで。

で、残ったのは以下5頭。
( 6)ゴールドシップ
( 7)コスモオオゾラ
( 8)ワールドエース
(10)ディープブリランテ
(17)グランデッツァ
う~ん。。なかなか選別が難しくなってきた….。

という事で、皐月賞前の成績に目を向けると、
なにげに、3着以内に入っている馬できさらぎ賞出走馬が9頭と多くいる。
ちなみにそれ以外で多いのはスプリングSの6頭、弥生賞の5頭となっている。
と言う事で、残った中できさらぎ賞に出ているのはワールドエースのみ。

う~ん個人的にはグランデッツァに期待したかったのだが、外枠に入っちゃったしな~….。
何だかんだで1番人気はゴールドシップになりそうだが…今年のクラシックは1番人気は危険な気がする。
近年ダービーで2,3番人気に馬券率は不振ではあるが、全く来ていない事もない。
とりあず、軸はワールドエースで考えようかな…。

 Posted by at 1:52 PM
5月 232012
 

久しぶりに馬券が当たったオークス。
何とかこれをきっかけにダービーも当てたい所だ。
馬券を当ててはいるが人生日々反省という事でオークスの反省を。

——————————
【優駿牝馬】
2012年 5月20日 2回東京10日
東京 2400m 芝・左 サラ系3歳 オープン 牝
天候:晴 / 芝:良 / タイム:2:23.6
——————————
1着▲(14)ジェンティルドンナ
2着◎( 9)ヴィルシーナ
3着△( 3)アイスフォーリス
4着○( 1)アイムユアーズ
5着-(15)サンキューアスク

6着△( 7)ダイワズーム
7着△(10)ハナズゴール
12着△( 4)オメガハートランド
13着△( 8)ミッドサマーフェア

まず、圧勝で終わった今回のオークス。
勝ったジェンティルドンナは距離不安を吹き飛ばす破格のタイムで5馬身差をつけ圧勝。
大方のスロー予想を裏切りレースレコードでの決着。
2:23.6はこれまでのレコードを2秒も縮めダービーのレコードにも引けを取らない。

今後オークスでこのタイムに近づける馬は出てくるのか…。
と言うか、こんなタイムが出る馬場にも疑問がある。
先週までのG1は平均かそれ以下といった感じのタイムだったが….
オークス前の10Rでもレコードが出ている。
ダービーでは馬場も要比較ポイントになるな。

と、話しをオークスに戻し
今回は勝ったジェンティルドンナを褒める以外ないかな。
素直にタイムを見ればダービーでも十分通用するタイムというか、
歴代でみても2分23秒台で走ったのはレースレコードを出したキングカメハメハとディープインパクトのみ。
その次にウオッカの2:24.5なのだからジェンティルドンナの今後が楽しみだ。

で、5馬身離されたとはいえ2着ヴィルシーナから7着 ハナズゴールまでは2分24秒台で走っている。
13着に敗れたミッドサマーフェアでさえ2:25.6と言うことだから、また悩まされる…。

レース展開としては、マイネエポナが逃げ縦長に展開。
有力所の位置取りとしては、
内4番手にアイムユアーズが、
その後ろに内アイスフォーリスとヴィルシーナ、
外にミッドサマーフェアの順に続く。
ジェンティルドンナは後方外目14番手につける。

直線に入り、内でトーセンベニザクラとオメガハートランドが先頭争いをするところへ、
最内からアイスフォーリス、2頭の外からアイムユアーズが追い上げ、
馬場真ん中からヴィルシーナ、その外からジェンティルドンナが追随。
坂を上りきり残り200mでほぼ横一線に。
そこからジェンティルドンナが鬼脚で突き抜け5馬身差の圧勝。

今回一番運を持っていたのは川田騎手と言う事かな。
次走で岩田騎手に戻ったなら下手な競馬はできないな。

で、1番人気で13着に沈んだミッドサマーフェアだが、スローでの末脚勝負が良かったのかな。
フローラSを圧勝して押し出される様に1番人気になったと言うか….
そろそろ殿下の馬がG1をと言う感じを抱いた事は否めない。
それとも1番人気はオイルマネーが流れたのか…..。
まぁその辺はいいとして、今後は牝馬のエイシンフラッシュ的な位置として扱いたい。

 Posted by at 12:30 PM
5月 232012
 

オークスが終わり久しぶりに馬券が当たった所ではあるが、
いまさらながら、まずは先週できなかったヴィクトリアマイルの反省を。

——————————
【ヴィクトリアマイル】
2012年5月13日 2回東京8日目
東京 芝・左 1600m サラ系牝4歳以上オープン
天候:晴 / 芝:良 / タイム:1:32.4
——————————
1着△(12)ホエールキャプチャ
2着△(16)ドナウブルー
3着△( 1)マルセリーナ
4着-( 3)キョウワジャンヌ
5着▲( 7)アパパネ

9着○( 2)レディアルバローザ
16着◎(14)オールザットジャズ

いや~、なんだろうね…。
絞って軸にした2頭が飛んで紐が1,2,3で決着って…。

勝ったホエールキャプチャは3番手で運び上がり33.8秒。
お見事と言った感じだろうか。

レースは平均ペースで道中一団で進んだ感じ。
直線でなかなか前が止まらず壁になり差し馬には厳しい感じだった。

その中で後方から上がり33.5秒で3着に食い込んだマルセリーナの差脚は流石といった感じかな。
あと、キョウワジャンヌは中団やや前目の5番手で進んだが、直線ムチを入れた所で前が壁になり止ってしまった。
最後マルセリーナと競合い悔しい4着という感じか。

2着ドナウブルーは直線で競り合いを嫌がったのか、外へ流れていた。
そのまま競っていても着順が入替りそうな感じはしないが、なぜだろうかと気になった。
それでも最後でホエールキャプチャとの差を詰めているのでタレた感じも無く、妹がオークスを勝ったしもう少し長いと良かったのかなという感じかな。
秋では姉妹対決が見れるか楽しみだ。

アパパネはどうっだたのだろうか…。
直線に入ってホエールキャプチャの後ろに付けるが、かわす勢を感じず坂を上りきった所で逆に差を広げられていた。歳かな~….。

あと、マイネイサベルが直線で行き場を探し最内から外へ出しながら6着にきている。
キョウワジャンヌ共に今後狙っていきたい。

全体としては4歳が上位を占め、なかなか5歳以上には厳しい時期でのG1なのかなと言う感じ。今後もVMは4歳を中心に考えて良さそう。

そうだ、あと予想時にホエールキャプチャの馬番を9番としていた…。
馬券を買う際に違和感を感じつつ素直に9番のグランプリエンゼルを買っていた…。どっちみち外れていたのが今後気をつけよう…。

 Posted by at 10:33 AM